セレスからきました

ツバサのファイたんに萌え萌えしている人の日記

マガニャン妄想28巻 | 2009年11月19日 (木)
拍手どうもありがとうございました!

豪華版最終巻の表紙は1巻と同じ構図です。
でも1巻のこの子と28巻のこの子は違う子なんだよなぁ。うぅっ。

まとめて読んだら面白かったです!

大幅加筆ということだったので、戦闘シーンで省略されすぎて意味不明だったシーンの加筆を期待したんですけど、そのままでした。
主に黒ファイの絡みが省かれすぎている!
黒様がファイの衿掴んで黒い渦から助けたのに、次のコマではいきなり二人遠く離れてて、あれ描き間違いだと思ってたのに修正されていませんでした。いやーん。

緋炎のフォローも結局なかったような。
緋炎は小狼のいわば形見じゃないの?
いつのまにか無くなってて悲しい。
真小狼ったら黒様が持ってろって渡したのにすぐ放置するんだもんなぁ~。
…あ! 今やっと気がつきました。
私がずっと緋炎緋炎言っていた剣って、モコナがしがみついていた剣なんですけど、これ緋炎じゃなかったー。
勘違いしていました。これ真小狼が元々持っていた父親から譲り受けた剣だわ。
薄情者みたいな言い方してごめんよー真小狼!
以前の記事でも緋炎の事言ったので「何言ってんだおめ?」状態だった方もすみません~。

コミックスでは飛王の説明が加筆されていたので、もやもや感がだいぶすっきりしました。
飛王ってクロウだったのかな?

気になったのは、黒様の「滅したんだろう」って問いに答えるファイの台詞。
また何か気づいてる事あるのに言わないの?って思っちゃいませんか?
むー、ファイのこの癖直りませんねぇ。
それとも気のせいでしょうか?
CLAMPさんの台詞は意味深なのが多いので、いろいろ勘ぐってしまいます。

魂に現身を渡す方法かぁ。
えーっと、もう一度写身を作るって事じゃなくて、自分の中で生きているもう一人の魂に本物の人間の身体を与えたいって事なんですよね?
そんな事ができる方法があるのなら、そして真小狼が対価を払い終わる日も来るのなら、本当に早くその日が来て欲しい。
もしかして死ぬまで旅を続けないといけないのかと心配だったのでホッとしましたよ。
黒ファイ夫婦も安心できます~。

それにしてもツバサの世界って、魂に現身を渡すなんてすごい事ができるのなら、生きている者の腕を再生させるくらい簡単にできそうなのに。
魔法で人間を次元移動させたり、心と体のコピーまで作る事はできるのに、ちゃちゃっと治癒魔法で細胞再生はできないものなのか。
魔力が戻ったファイの眼球が復活したのって治癒魔法に近くないですか?
うーん、うーん。
ファイは茶化して小狼の旅に同行しましたが、他サイト様がおっしゃられてるように、本音は黒様の腕を元に戻す方法を探すのが目的でもあると思うんです~。
ファイ自身が治癒魔法使えるようになれば一番良いんですけど。どうなの?ファイ?
治癒魔法使えなかったのは、習得できる魔法の系統には制限があるからとかそんな理由じゃなくて、アシュラ王による暗示と自分の気持ちによるものだと思うので、きっと今なら使えると思うのですよぉ~。
勉強していたからスピアは覚えているはずなんだ。あとは使うだけだと思うんだ。
使えないって思い込みで使おうとしてないんだよ~! ファイ~~!!

はー、ツバサの続編読みたい。

Top▲